噂の「カジュアル」を体験せよ!
噂の「カジュアル」を体験せよ!
ホーム > > インプラントは人工歯根アバットメント上部構造などい

インプラントは人工歯根アバットメント上部構造などい

インプラントは、人工歯根、アバットメント、上部構造などいくつかのパーツを組み合わせて行います。全てが同じ構造ではなく、各パーツの構成により以下に示す何通りかに分かれています。インプラント(人工歯根)とアバットメントが一体であるのを1ピースタイプといいます。それ以外に、分離型の2ピースタイプがあり、ほとんどのインプラントは2ピースタイプです。よりメジャーである2ピースタイプは、人工歯根とアバットメントのプラットフォーム(接続部)の形状により、結合部分が凸面になっているエクスターナル・コネクションと、凹面になっているインターナル・コネクションに分かれます。この内、インターナルの方がアバットメントの接続が容易と言われています。インプラントを埋め込んだ後、その歯は虫歯を気にしなくて良いのですが、インプラント周囲の組織に異常が起こることはあります。インプラントを維持するポイントは日頃のケアにあり、維持していくためには、歯科医の指導に従った毎日のケアと、定期検診やクリーニングは手を抜くことができません。けれども、万が一歯茎が腫れたり、インプラントの周りで出血があったりすれば歯周病の一種、インプラント周囲炎かもしれません。自然に治ることはありませんので、早急に診察してもらわなければなりません。インプラント治療で人工歯根の上に装着する人工歯には、多くの種類がありますが、多くは義歯の表面にセラミックを用いるものです。プラスチックの差し歯と比べると、硬くて劣化しにくい特長がありますが、見た目を損なわず、機能面でも優れた人工歯の成形には、専門スタッフである歯科技工士の技術に左右されます。高い技術はさることながら、芸術的なセンスまでもが必要不可欠です。患者さん一人一人に合わせて時間を掛けて作るので、その分、インプラントの人工歯は、インプラントの治療費は高くなるのです。手術して人工歯根を埋め込んだ後、埋め込んだ周りの歯が浮いた感じになることがあります。これは、人工物を埋め込んで周囲の歯の神経が刺激され、反応が出たもので時間の経過ともに落ち着くのが圧倒的に多いです。実は他の問題が隠れていたということもありますから、インプラントがなじむまでの間は特に、間を置かず歯科医の診療を受けることで早めの対応をしていきましょう。入れ歯や差し歯と比べても利点の多いのがインプラントです。しかし、他の治療法と同様、注意すべき点があります。それは、誰にでも適用できる治療法ではないということです。これは重要な事実です。インプラントは、骨に器具を埋め込むという、患者さんの負担も大きい治療です。なんらかの持病、例えば糖尿病や腎臓病、心臓病、高血圧などをお持ちの場合に加え、骨粗しょう症に罹患していたり、顎の骨がなくなったりしている場合にも、顎の骨を増やす治療が先に必要だったり、そもそもインプラントが不可能だったりする可能性は高いといえます。注意してください。最近はインプラントを利用される方も多くなってきましたが、治療後に口の臭いが気になるようになったケースがままあるようです。これでは折角のインプラントが台無しです。理由としては、義歯と歯茎の間に日々のケアで取りきれない食べカスが溜まってしまったり、天然の歯における歯周病と同様、インプラント周囲炎という炎症になっている場合もあり、単なる口臭と侮れません。ひょっとして、と思ったら、担当歯科にかかり、早期解決を図ることです。インプラントは無くなった歯を再生できる夢の治療ですが、その処置が終わっても、安堵するのはまだ早いのです。治療後の綺麗な状態を維持していけるかどうかは、患者さん自身のケアにかかっているのです。歯磨きなどの口内ケアを歯科で指導してもらえるので、毎日欠かさず行うようにしましょう。結局、自分の歯は自分で守らなければならないのです。さらに、インプラントの場合、歯の神経がないので、口の中で何か異変が起きていても、なかなか気付きづらくなっています。自分で気付きづらい分、定期的に歯医者さんで検診を受けるようにしましょう。インプラント治療を希望する代表例として、周辺の歯に関係なく治療したいと、患者が考えている場合です。ブリッジ治療で義歯を入れるとすれば義歯を支える役目をする両サイドの歯は削らなくてはなりません。これに対しインプラント治療は、失った歯に見合った人工歯根を骨に埋めていくため、失った歯を直接再生する治療と言えます。他の歯を削って義歯を入れるのは抵抗があると考えている患者さんには、インプラント治療を優先して良いでしょう。忘れてはいけないこととして、インプラント治療を始める前にインプラント埋入にあごの骨が耐えられるかどうか知る必要があります。特に要注意なのは歯周病や顎関節症で、まずそちらを治療して、インプラント治療ができるあごの骨を確保することを忘れないでください。さらに、美容整形を受けてあごの骨を削った患者さんもインプラント治療のリスクが増大します。こうした病歴があっても、直ちに治療の可能性はゼロにはならないのできちんと歯科医に相談することが大事です。入れ歯では噛んだ感じがしない方や、もしくは入れ歯の見た目を気にする方にも適用されるのがインプラント治療です。インプラント体と呼ばれる人工歯根の埋入手術をして、そこへ上部体という人工歯の部分をかぶせる治療で、保険適用の入れ歯よりもお高くなりますが周囲にもそれと気づかれにくく、噛み心地が自分の歯に近く、食べ物も美味しく噛めます。どうしても外見や噛み心地を要求する方に向いています。キレイモ 御茶ノ水