噂の「カジュアル」を体験せよ!
噂の「カジュアル」を体験せよ!
ホーム > 日記 > すべてを失うその前に。 

すべてを失うその前に。 

雑誌の宣伝、スポーツ新聞紙、繁華街にある宣伝広告や郵便広告などで「借金の片付けいたします」「負債を一本化したいですよね」というような売り文句を目に入れることがありますよね。

このようなものは、「整理人」「買取人」「紹介業者」と呼ばれる悪徳会社のおとり広告のケースもあるということです。

それらを依頼した際には破産申請の流れの中で一番大切な免責認可を受け取れない危険性もあります。

「整頓人」とはビラなどで債務者を集め、法外な料金を請求して債務整頓をしますが整理はされず、もっと負債スパイラルに陥る結末がほぼ全部と言ってよいでしょう。

「買取専門人」はクレジットカードで、家電、何らかの券などを限界まで購入させ、借金者からこれらの品物を購入額の10%~額面半値で購入するという方法を使っています。

負債人はその瞬間は金銭が手に入りますが、いつかクレジット会社による購入品の売値の催促が届くことになり、債務を悪化させることになってしまいます。

この場合だとクレジットカード業者に対しての詐欺とされてしまい免責許可をもらえなくなります。

「紹介者」では、有名な貸金から貸してもらえなくなった負債人にダイレクトな金貸しはしないでおいて、資金提供を受けられる他の企業を知らせ、高額な経費を請求する業種です。

紹介業者は直接の紹介で資金提供が受けられたかに話しますが現実には何もしておらず審査の甘めの会社を知っているだけです。

このケースだと本当は負債を増大させる結末となります。